Breaking News
recent

縫い裁つ人 中谷美紀主演 神戸好き、洋服好き、レトロ好きは必見

中谷美紀さん主演、三島有紀子監督作品、『縫い裁つ人』を見ました♪
荻上直子監督の「かもめ食堂」のヒット以来、「スローテンポでなにも起こらないけど、なんかおしゃれ。」というような荻上フォローワーのような女性監督が増えたなぁ、なんて思います。
それにしても作風似すぎのような気がしないでもないですが^^;
三島監督もその1人、というイメージがあるのですが、やっぱりスローテンポで何も起こらないけどなんかおしゃれな映画でした。
原作は人気コミックだそうですが未読です。

市江(中谷美紀)は祖母が始めた洋裁店を継ぎ、町の仕立て屋の2代目店主として日々年季の入ったミシンの前に座っている。彼女が職人技を駆使して丁寧に仕立てる洋服は、依頼人たちを喜ばせていた。職人気質の市江はブランド化の依頼にも目もくれず、その服に袖を通すたった一人のためだけのオーダーメイド服を縫うだけで幸せだったが……。--cinema today


町の仕立て屋「南洋裁店」。
祖母がやっていたこの仕立て屋を受け継いだ市江(中谷美紀)は、頑固な職人肌の仕立て人。
町の人達のために、祖母が作った洋服のお直しやリメイク、祖母が残したパターンで新作を仕立てて販売する、というように、祖母の志を受け継ぎ、「大切な人のために世界でただ一点の服」を作って暮らしています。
市江の服はたった一軒のお店(劇中の片桐はいりさんのお店)でのみ販売しているのですが、すぐ売り切れてしまうほどの人気です。
市江もそのような暮らしに満足しています。
生活に満ち足りていても、心の奥底では転機となる事に出会うことを待っているように思いました。


しかし、大丸百貨店企画部の藤井(三浦貴大)との出会いにより少しずつ変わりはじめます。

市江の仕立てた服を見た藤井はその服にほれ込み、ブランド化して大量生産をして売らないか?、と持ちかけるのです。
祖母の志に反するようなそのような話に、市江は断り続けます。
しかし藤井の「あなただってきっと自分がデザインした服を作りたいはずだ。」という言葉に、市江の中でなにかが変わりはじめます。
この作品で淡々と描いているのは、日常の中にある普通の喜びや悲しみ、切なさや滑稽さです。
その中で自分にとって本当にたいせつなものは何なのか、と問いかけている作品でした。


そしてこの藤井という人は、ビジネスビジネスした人ではなく、腕のいい仕立て職人さんたちが「そういう時代ではないから。」と店を畳む姿をとてももどかしい思いをしていて、なにかできないか?と思っている人なんです。
洋服だけに限らず、上質で値段の高いものは、質が悪いけど安いものに駆逐されてしまう時代なので・・・オーダーメイドの服がいいのはそりゃそうなんですが、値段すごいしなぁ。。。
オーダーメイド1着で既製服4,5着買えるし。
こんな風に思っている洋服への興味が殆どないタイプなので、登場人物たちの洋服への深い思いが新鮮でもあり、また洋服は使い捨てみたいに思っている自分をちょっと反省しました。
オーダーメイドまでは思わないけど、せめて気に入ったものを大切に長く着ようと思いました。

出てくるスイーツもどれもおいしそうでした。
市江の母(余貴美子)お手製のお団子や、丸ごとチーズケーキ。
このチーズケーキーをほおばる市江の幸せそうな顔ったら!
そして、このチーズケーキの味が、市江のその時の気持をあらわすモチーフになっています。


黒木華さんが藤井の妹役で、とても重要な役を演じているんですが、「女性の顔は着るものでこんなに変わるんだ。」という事を体現してくれていて、素晴らしかったです。

あと市江役の中谷美紀がちょっとぶっきらぼうなのに凜として、職人っぽい雰囲気がとにかくイイ!
祖母が使っていたレトロなミシンを踏む後ろ姿は神々しい美しさでした。
すごく姿勢がいいな、と。


三島監督の作品同様、どこかファンタジックな世界感です。
出てくる洋服もどこか浮世離れしていました。




繕い裁つ人 DVD  ■繕い裁つ人 コミック 全6巻完結セット (KCデラックス)


そしてこの映画をより魅力的にしているのが神戸というロケーションです。

阪神タイガーズファン、みたいな台詞もあってどこからどう見ても神戸、というような所で撮影しているのに、登場人物だれ一人関西弁を話さないのはこれいかに?

ロケ地紹介してみます。



川西市郷土館 旧平賀邸

南洋裁店は室内外ともに旧平賀邸。
日本最初の工学博士で、創成期の繊維産業の発展に数々の功績を残した平賀義美(ひらがよしみ)博士の邸宅として大正8年に建てられたもの。
因みにNHK朝ドラ「マッサン」でも使われました(マッサンとエリーが入居お断りされる家)。

住所:兵庫県川西市下財町4−1  営業時間:10:00~16:30




珈琲サンパウロ

市江、市江と藤井がホールサイズのチーズケーキを食べるシーンは実在するお店です。
が、ホールサイズのチーズケーキは映画オリジナルのようです。

住所:神戸市中央区山本通2-13-16 サンシャインコート1F 営業時間:9:00~19:00





神戸女学院図書館

市江が藤井とバッタリ出くわす図書館は、三島有紀子監督の母校である神戸女学院の図書館です。

住所:兵庫県西宮市岡田山4−1



大丸神戸店

三浦貴大さん演じる藤井の勤務先は、神戸駅前にある大丸です。



NAIFS(ナイーフ)

市江の友人、片桐はいりさん演じる葵が経営する雑貨屋さんで、市江が仕立てた服が置いています。
こちらも実在するお店。

住所:神戸市東灘区本山北町3-6-2



灘丸山公園

市江と藤井がベンチに座って話すシーン。
住所:兵庫県神戸市灘区五毛字丸山


メリケンパーク

藤井とのシーン、藤井の妹との出会いのシーンで使われたのは、神戸のシンボル、メリケンパークでした。
画像引用:以上すべて映画 縫い裁つ人


神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園)


市江の祖母がはじめた「夜会」のロケ地です。
年に1度開催される、30歳以上の大人が自分だけの特別な洋服を着て集う会です。

住所:神戸市中央区港島南町7-1-9





旧グッゲンハイム邸

引用:Wikipedia
黒木華さん演じる藤井の妹の結婚式のシーンで使われたところ。
貿易商であるグッゲンハイム氏の邸宅として建てられましたが、今は多目的スペースになっています。

住所:兵庫県神戸市垂水区塩屋町3-5












にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。
Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.