Breaking News
recent

鬼畜 (1978) 緒方拳×岩下志麻 松本清張原作 怖さはホラーなみ!


映画『鬼畜』
これ、ものすごく恐ろしい映画です・・・恐ろしいけど面白かった。
東京タワー見ると未だに悲しい気持になるのは、この映画を思い出すからだと思います。

映画『鬼畜』は松本清張の短編小説を、同じく清張の「砂の器」を映画化した野村芳太郎監督により映画化された作品です。
最近の映画では見られないような、人間誰もが持っている残酷さ、残忍さ、そして負の連鎖をえぐりとるように描いた、痛々しい名作だと思います。

川越で倒産寸前の印刷屋やってる竹下宗吉(緒方拳)のところに愛人菊代(小川真由美)が宗吉との子である3人の子供達を連れて「養育費よこせ!」と乗り込んでくるところから始ります。
どうやら事業が良かった頃には、妻には内緒でちゃんと養育費を支払っていたようですが、事業がまずくなって、養育費支払いが滞っていたようです。
のっけから妻お梅(岩下志麻)VS愛人菊代のデスマッチ(笑)
キレた愛人菊代は子供たちを置き去りにし、行方をくらまします。

そしてお梅による虐待劇場。
妻は絶対に面倒を見ない宣言をし、完全放置を決めます。
放置していても子供の存在がイラつく上に、子供達もイラつくことをするもんだから、般若の形相であれやこれやと虐待。
でも夫と愛人の子供達にいきなり優しく接することができる人が、一体どれだけいるんだろう?
しかもお梅は恐らく子供が産めない体で、しかも夫とあんな女の子供なので・・・うーん^^;
少しお梅に同情するところはあるのですが、岩下志麻さんが迫真すぎて、もんのすごいコワーッなんです!
それでもここまではまだ人間的といえるのかもしれません。

でもついに2人は一線を越え、鬼畜になってしまいます。
一番抵抗力のない一番下の子が栄養失調と窒息死で、一応事故なんですが鬼嫁が怪しい・・・と思う宗吉。
「あんたも一つ気が楽になったね。」と鬼の形相で言う妻
そして他の子もなんとかするよう夫に示唆し、夫は言うなりに実行するという・・・

内容は「子捨て」・・・というか殆ど子殺しなんですが、一応未遂です。
気弱な宗吉が妻にそそのかされ、良心に苦しみながらも深みにはまってゆく様子を描いています。
宗吉はどこにでもいるような男なのです。
でも何でも妻のいいなりで、自分で考えて行動することができない男で、こういう大人は割といるような気がするのでますます怖いわけです。
でも彼の人としての弱さはあまれにも憐れで、人間⇔鬼畜の間をさまよう心理がとてももの悲しいと思いました。
ふとした瞬間に鬼畜が現れ、ふとした瞬間に人間になる・・・緒形拳さんはスゴイ。

見ていてとても気分が悪くなる映画です。
宗吉もお梅も愛人も、みな自分のことしか考えず子供のことなんてこれっぽっちも考えていない。
そんな人達が行動した結果、みんな鬼畜になったわけですが、元々はみんなどこにでもいるような人間です。
なので、誰もが鬼畜になる可能性がある怖さもあったし、なにがどんなきっかけで一線を越えてしまうのだろうと考えさせられます。
長男利一は、子供ながら自分で考えて行動する知恵があり、そこは父親と似ていないが唯一の救いでした。
そして自ら考えた結果、父親との決別したのだと思いました。

ただ、宗吉も仕事さえ上手くいっていれば、ちゃんと養育費も払ってやっていけたんですよね(修羅場はあると思うけど)
この作品においては資本主義に蹂躙されて、いろんな悲劇が起きているように思いました。

ロケ地は埼玉県川越市、清張といえばおなじみの能登金剛です。
あと東京タワーのシーンもありました。


○川越江戸町
引用:Froschmann
宗吉の印刷屋があるのは川越だそうです。
住所:埼玉県川越市


○東京タワー

宗吉は長女良子をつれて・・・
住所:東京都港区芝公園4丁目2−8

○能登金剛
引用:TripAdvisor
宗吉が長男利一を・・・多分火曜サスペンスでよく出てくるような所です。







にほんブログ村 旅行ブログ ロケ地へ  にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
ブログランキング参加しています。よかったらクリックお願い致します。
Ticket Cafe チケットカフェ

Ticket Cafe チケットカフェ

0 件のコメント:

Powered by Blogger.